仕事が嫌になったときの対処、対策

朝起きて仕事に行きたくない!助けろ!!


心配ありません、仕事が嫌になるなんて誰でもあります。特別じゃないのです。だからみんな仲間。仕事が嫌になるなんてみんな一緒。


問題なのはずっとその状態が続くこと。もっと言うならその状態が深刻かつ恒久的に続き、病気になってしまうことが問題です。

毎日朝起きて「会社嫌だよ!行きたくない」なんて会社がある日ほぼ毎日ですよ。

物理的に嫌になる原因がある


まず人間は生身の人間です。当たり前ですが個人差があります。疲れ方の度合いだって人それぞれ。それなのに重労働を長時間課せられていて「嫌になった!」「辞めたい!」

でしたら思い切って辞めてしまいましょう。もちろんその前にいろいろ根回しはします。


無理難題を吹っかけてくるようでしたらスマホでそのやり取りを録音して労基に提出して会社側に改善を求めたり(匿名でやるように労基に相談)多少強気でも改善を求めたりしてより働きやすくなるように意見を言うのはとても大事です。


そんな意見言ったら村八分だという意見も多数あると思います。


でも誰かが言わないと会社は変わりません。その突破口を開きましょう。それができないならいいところを探してさっさと転職するのが身を守る術ともいえます。


会社にしがみついて自分の大事な人生をおかしくしたら損としか思えません。

体力の限界を超えても「まだ甘い」などという体育会系の会社でしたら、本当に体育会系の人ならいいけど、一般人にはそれは時代錯誤。そんな会社は勤まる人だけでやればいい。ついていけないなら去るっていうのが会社も本人もハッピーではないでしょうか?

とにかく会社に居続けるつもり

つらくても頑張って働こうという意思でしたら、いろいろ頑張って指摘したり活動はしつつ、たまったストレスを的確に吐き出すべきです。


お休みが少ないかもしれません。なので、短期間でリラックスできるようにいろいろ対策しましょう。世の中にはたくさんのグッズがあります。


サプリメントも、アロマもCDもさまざまな製品があります。これで怖いものはない!でしたらいいのですが・・・

疲れた体に

エナジードリンクはプラセボ?ともいわれていますが、僕は飲んでいます。プラセボでいいじゃないですか!病は気からっていうこともありますのでね。エナジードリンクでこんなに高いのもあるとは・・・


疲れを少しでも回復させて会社に臨むのも大事ですから。

リフレッシュの大事

人は気分転換でリセットできます。休みの日にリフレッシュしていますか?
緑の草原でカフェするもよし、自宅でペットとカフェするのもよし、恋人と過ごすもよし。

なにしろ好きなことでリフレッシュしてください。

何も好きなことがないですか?そんなことないですよね。寝るのが好きだったら寝ればいいし、グータラすればいい。


難しく考えなくてもリフレッシュできることをやればいいんです。そう、リフレッシュしているんだってイメージを持って深呼吸してみましょう。ずっと緊張の糸は張りつめていたらいつか切れちゃいますよ